ダポキセチンで早漏を改善しちゃおう

ダポキセチンは早漏を改善できる成分なので射精時間を伸ばすことができます。こちらでは早漏を改善したい方にとっておきの情報を皆様に伝えていきたいと思いますので、是非参考にしてください。

アダム徳永の早漏克服法とダポキセチンという薬

アダム徳永はリック西尾の名義で英会話教本などを多数出版する一方、セックスセラピストとしても幅広い活動を行なっています。「スローセックス」の提唱者として知られ、これを伝授するアダムスクールを開講していたこともあります。アダム徳永の理念は、単なる生殖行為でない、愛情表現としてのスローセックスを広めるところにあります。女性が心から官能に身を任せるためには、男性が早漏を克服することも大切な条件のひとつです。
アダム徳永は早漏克服法を解説した本やDVDなども出版しています。彼の説によれば、自律神経と「気」のコントロールにより、射精を自由に遅らせることが可能とされています。そのための呼吸法をはじめ、さまざまなトレーニング方法が提案されています。早漏は心理的な要因が大きいと考えられますから、トレーニングで自信をつけることができれば、効果を自覚できる人も多いでしょう。
しかし自力でコントロールするのが難しいときは、奥の手として薬品に頼る方法もあります。局所麻酔薬で快感を鈍らせるという直接的な方法のほかに、精神面から改善するダポキセチンという薬品も有効な手段です。
ダポキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる精神安定剤の一種です。使用法は性行為の前に内服するだけです。本来はうつ病の治療に使われますが、興奮しすぎた脳を鎮める効果があるので、射精を抑えるためにも転用されています。ダポキセチンを配合した医薬品は、ジェネリックも含めて通販サイトなどから入手できます。
呼吸法にしてもダポキセチンにしても、効果があったという人となかったという人に分かれます。早漏の原因は人それぞれなので、自分に合った方法を見つけることが大切です。